FC2ブログ
健康・運動・アンチエイジングなど、体のために出来ることについて
椎間板ヘルニア
「椎間板ヘルニア、どうにかなりませんか?」

 時々、椎間板ヘルニアになってから頼りたいという方がいらっしゃいます。
こちらも何とか出来るならしたいのですが、物理的に組織が破損しているため、手の施しようがありません。
手技療法に理解のあるドクターでも、ヘルニアになってから整体やカイロを勧める人は絶対に居ないはずです。

 背骨は積み木のように重なっているのですが、その積み木と積み木の間に「椎間板」という組織があります。
硬い繊維性軟骨と、中心にゲル状のものが入った「緩衝材」で、背骨と背骨の動きを作ったり衝撃を吸収したりします。
『硬めのクッションのようなもの』です。
しかしこのクッション、破れて中身が出てしまう事があるんですね。
中身のゲル状のものが、ブニュっと出てきてしまうのが椎間板ヘルニアです。
高齢の方からよく聞きますが、若くてもなる事があります。
日常生活でなってしまう場合も、事故などの強い衝撃でなる場合もあります。

 椎間板の中身のゲルですが、出てくるだけなら背骨の機能が低下するだけでとどまりますが、脊髄神経に触れてしまう事が多々あります。
腰のヘルニアの場合、軽度でも腰から足にかけてシビレが出たりします。
酷い場合は、動く事もままならない程の強い痛みとシビレが出ます。
脊髄神経を直接触られる痛みは、想像を絶するのではないでしょうか。
大体の場合、日常生活に支障をきたします。

 対処は、安静にするか、体を起こす時は、腰なら腰周辺をコルセットやサラシで固定して負荷を減らすかです。
太り気味の方は体重を減らす事も負荷軽減に繋がります。
もしくは、出てしまったゲルを外科手術で取り除くかになるでしょう。

 うちでは、ヘルニア部分には触りませんが、一応、それ以外の場所を調整する事は可能です。
筋肉が緩むことで、大抵の方は痛みが軽減した。痛みが消えた。と帰っていかれるのですが…
後日またぶり返してしまった。という方も多いです。
出てしまったゲルが中に戻るわけではないので、ひきつっていた筋肉が緩んで痛みが消えても、またすぐにひきつってしまうのです。
 しかし、シビレが軽減した方は居ません。(つまり、痛みの半分は筋肉のひきつりで起きている可能性が高いわけです)
結局のところ、ヘルニアにならないようにするか、事故に遭わないように祈るしかありません。
 皆さんも、僕も含めて、「今そんなの全くないから平気でしょ」と思わずに、腰に(体に)掛かっている負担がいつどんな恐ろしい痛みに変わるか分からない。
というくらい慎重な意識を持つようにしていきましょう。

 そして、事故などは防ぎようがありませんが、日常で椎間板ヘルニアにならないようにする事は可能です。
次は、日常でのヘルニア予防について書いてみたいと思います。(なるべく数日以内に)


疑問質問など、お気軽にお問合せください。
chiropractic-maeda@ezweb.ne.jp

HPは、Googleで 
『カイロまえだ 関目』で検索すると1つ目に出ます。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 生涯現役をサポート!するお店. all rights reserved.